インターネット生中継が決定 11月20日一般講演会「素粒子から宇宙へ~ヒッグス粒子と私たちの生活~」

2013年11月5日
カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)

Kavli IPMUでは来る11月20(水)18時30分より欧州原子核機構のファビオラ・ジャノッティ博士を講師に迎え開催される一般講演会「素粒子から宇宙へ~ヒッグス粒子と私たちの生活~」のインターネットによる生中継配信(ライブストリーミング)を行うこととなりました。
この配信はUSTREAMを通じて行われ、無料で事前登録も不要のため多くの方々にご自宅から気軽に宇宙研究の最先端に触れていただける機会となっております。多くの皆様のご視聴をお待ちしています。

詳しくは下記のインターネットライブ中継の案内ページをご覧ください。

インターネットライブ中継の案内ページはこちらから
※ この配信は、ネコビデオ ビジュアル ソリューションズを通してUSTREAMに配信されています。

 


カブリ数物連携宇宙研究機構一般講演会
「素粒子から宇宙へ~ヒッグス粒子と私たちの生活~」

【プログラム】

講演 「ヒッグス粒子と私たちの生活」 
  ※英語での講演ですが村山斉Kavli IPMU機構長による日本語の逐次通訳と解説を行います。

講師:ファビオラ・ジャノッティ (Dr.  Fabiola  Gianotti)
 欧州原子核機構(CERN)/英国 エジンバラ大学名誉教授

講演者紹介と研究解説
村山斉 (東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構 機構長)


質疑応答進行
高橋真理子(朝日新聞編集委員) 


日時: 2013年11月20日(水)18:30 ~ 20:30(18:00開場)


会場: 浜離宮朝日ホール 小ホール(東京都中央区築地5-3-2) 
● 都営地下鉄大江戸線「築地市場駅」A2出口すぐ

 

主催:    東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(カブリIPMU)
共催:    朝日新聞社

 ※講演会ポスターはこちらからご覧いただけます

【講演者プロフィール】
ファビオラ・ジャノッティ博士(Dr.  Fabiola  Gianotti)
欧州原子核機構(CERN)/英国 エジンバラ大学名誉教授


ファビオラ・ジャノッティ博士とATLAS検出器

ファビオラ・ジャノッティ博士とATLAS検出器


イタリア・ミラノ出身のジャノッティ博士は音楽院のピアノ専攻で学位を取得した後、1989年にミラノ大学において素粒子物理学で博士号を取得。
1994年より研究員として欧州原子核研究機構(CERN)に所属し、UA2、ALEPH 、ATLASなどの実験グループにおいて検出装置の開発やデータ分析などの研究に取り組んできた。
2009年には38か国3000人の研究者からなるATLAS実験グループの代表に就任、2012年7月4日、真紅のスーツ姿で颯爽とCERNの記者会見に登場しヒッグス粒子とみられる新粒子発見を発表した姿は記憶に新しい。
2011年に英ガーディアン紙の“Top 100 most inspirational women”、2012年には米フォーブス誌の “The World’s  100 Most Powerful Women”、米タイム誌による “Person of the Year 2012”の最終候補の4名に選ばれるなど(この年のPerson of the Yearに選出されたのはバラク・オバマ米大統領)研究者としてのみならず女性としても世界中の注目を集めている。
また2012年にはイタリア共和国功労勲章を受勲。
今回の講演は2012年の新粒子発見の歴史的な発表後、初の来日講演となる。


講演会についての問い合わせ先:
 東京大学国際高等研究所 カブリ数物連携宇宙研究機構 広報アウトリーチ担当
   住所:277-8583 千葉県柏市柏の葉5-1-5
   TEL: 04-7136-5977
    e-mail: koukai-kouza_at_ipmu.jp (_at_を@に変えて送信してください) 
 ※ライブ中継の視聴方法などについての技術的なお問い合わせにはお答えできません。