Researchers find way to improve simulations of neutrinos and astrophysical plasma dynamics

A research team including Kavli Institute for the Physics and Mathematics of the Universe (Kavli IPMU) Principal Investigator Naoki Yoshida have found a way to improve computer simulations that recreate the movement of neutrinos and astrophysical plasma.
英語

ニュートリノや宇宙プラズマのシミュレーション精度が飛躍的に向上 -ブラソフ方程式の高精度数値解法を開発

Kavli IPMU 主任研究員吉田直紀教授を含む研究グループは、ニュートリノや宇宙プラズマの運動を記述する基礎方程式「ブラソフ方程式」の高精度数値解法を開発しました。このことにより、現実的なメモリ量でシミュレーションの精度を飛躍的に向上させることができます。
日本語

Kavli IPMU joins new organization to lead future neutrino experiments

Three world-leading science institutes and departments, a Nobel Laureate, and an upcoming project to develop one of the world's biggest neutrino detectors will make up the University of Tokyo's newest organization, the Next-generation Neutrino Science Organization (NNSO). An inaugural ceremony was held at Kamioka Observatory, near where the future detector will be built, on Wednesday.

 

英語

次世代ニュートリノ科学連携研究機構の発足式を開催

ハイパーカミオカンデ計画の推進を目的とする「東京大学次世代ニュートリノ科学連携研究機構」の発足式が2017年11月8日、東京大学宇宙線研究所神岡宇宙素粒子研究施設(岐阜県飛騨市)で行われました。次世代ニュートリノ科学連携研究機構は、宇宙線研究所、Kavli IPMU および大学院理学系研究科の3部局が協力し、ニュートリノ研究や実験技術開発を通し、本研究分野の未来開拓を行うことを目的として2017年10月1日に発足した機構です。

日本語