ビザ

事務担当:Kavli IPMU国際交流係

I. 短期滞在(90日以内の滞在)

1. ビザ免除国・地域からの来訪者

日本滞在中に報酬(旅費を除く)を受けない場合,ビザ(査証)を取得する必要はありません。

2. その他の国・地域からの来訪者

日本入国には短期滞在ビザが必要です。以下のとおり手続き願います。

  1. パスポートの写し/ 滞在日程/ 住所 / 電話番号を事務担当に送付願います。
  2. 事務担当より,短期滞在ビザの申請に必要な書類を郵送します。
  3. 居住地を管轄する日本大使館・総領事館でビザを申請してください。

II. 長期滞在(90日を超える場合)

90日以上の長期滞在者または報酬を受ける来訪者は在留資格を取得する必要があります。「教授」もしくは受け入れの条件によっては「文化活動」の在留資格を取得しています。

  1. 日本入国の3か月前までに,パスポートの写し顔写真(.jpg形式),在留資格認定証明書交付申請書CVを事務担当に提出願います。
  2. Kavli IPMUにおいて,日本の入国管理局に在留資格認定証明書の発行を代理申請します。
  3. 在留資格認定証明書が発行されたら(通常,申請から4~6週間後),Kavli IPMUから来訪者に送付します。
  4. 在留資格認定証明書およびその他必要書類を揃えて,居住地を管轄する日本大使館・総領事館でビザを申請してください。申請内容に問題がなければ, 申請から概ね1週間でビザが発行されます。

[重要]在留資格認定証明書は発行日から3か月間有効です。期限内に入国することが必要です。

なお、90日以上日本に滞在する全ての外国人は,宿泊先にかかわらず,住んでいる場所の役所で住民登録をしなければなりません。

詳細は,外務省ウェブサイトを参照願います。