スーパーカミオカンデ

岐阜県飛騨市の地下1000mに設置したスーパーカミオカンデを使ってニュートリノの性質を調べ、物質の起源を解明します。また、遠い宇宙からやってく るニュートリノの観測を通して宇宙の進化を探ります。さらに、統一理論ではごく稀にではあるが起きると予言されている陽子の崩壊も探索します。

GADZOOKS!(Gadolinium Antineutrino Detector Zealously Outperforming Old Kamiokande, Super!) と名付けられた、スーパーカミオカンデの5万トンの純水にガドリニウムを溶かし込み、非常に遠方の超新星からの(反)ニュートリノの検出効率を高めるための改造計画があり、そのテスト実験である、EGADS (Evaluating Gadolinium's Action on Detector Systems)が進行中です。 

Links

Last Modified: May 15, 2014