大学院について

Kavli IPMU での大学院教育について (国内向け)

日本語版(国内向け)のページと英語版(海外向け)のページ--準備中--では内容が異なることにご注意ください。

Kavli IPMU では、東京大学の大学院数理科学研究科、理学系研究科天文学専攻、 理学系研究科物理学専攻を通じて大学院生を受け入れています。 入学者選抜、講義の提供や単位の認定、学位の審査などはそれぞれの研究科・専攻の仕組みに 則って行われています。

これらの公式ページはこちら:  数理科学研究科 理学系研究科 天文学専攻 理学系研究科 物理学専攻

「OO研究科XX専攻」とは大学院教育の枠組みであり、XX教室、△△研究所、Kavli IPMU といった東京大学内の複数の研究組織から何人かの教員が大学院担当として参画することで大学院教育は運営されています。

このページでは、大学院教育・入学者選抜についての Kavli IPMU 関連の最小限の情報と、各教員のページへのリンクを提供します。Kavli IPMU の研究所で行われている研究の全体像に関心をお持ちの方は、 Kavli IPMU > 研究活動 > リサーチプログラム をご覧ください。

 

◾️数理科学研究科

○大学院担当教員

阿部知行 伊藤由佳理 Mikhail Kapranov Todor Milanov, 中島啓 戸田幸伸 山崎雅人

○オープンハウス

上記の大学院担当教員を大学院志望先として検討している学生を(主に)対象として、 東大柏キャンパスの Kavli IPMU 研究棟で Open House (math) を(例年ですと)20xx年 6月中に行っています。日程が決まり次第、 Kavli IPMUのウェブページなどで案内を出します。
 

○よくある質問・注意書き (数理科学研究科に関して)

[キャンパス]   駒場キャンパスと柏キャンパスの間の移動は公共交通機関を利用して 90分かそれ以上かかります。数学の正規の授業は駒場で開催されます。 よって修士課程の学生は、卒業に必要な単位を取得するために駒場を 主な活動場所とすることになります。一方、博士課程の学生は単位を 取得する必要がほぼありませんので、柏を主な活動場所とすることが推奨されます。

[大学院試験(国内向け)]   例年8月の終わり頃に駒場で筆記試験が行われ、8月の終わり頃か9月の初めに 口述試験が行われます。入学願書を提出する際に、Kavli IPMUの数学教員に指導を希望する か否かを問うアンケート欄を記入する必要があります。希望される場合は、 アンケート欄のチェックボックスにチェックを入れて下さい。

 

◾️理学系研究科 天文学専攻

○大学院担当教員: John Silverman

補足コメント: 調整中

 

◾️理学系研究科 物理学専攻

○大学院担当教員のリスト

Kavli IPMU の教員で物理学専攻の大学院担当教員として大学院生の受け入れを行っているのは、 以下の人々です。

○ガイダンス・オープンハウス

20xx+1年4月の入学希望者を対象として、(例年ですと)物理学専攻入試ガイダンス・個別懇談が 東大本郷キャンパスで20xx年の5月下旬の土曜日に行われています。 日程や場所などの情報は 物理学専攻のページをご覧ください。

上記の大学院担当教員を大学院志望先として検討している学生を(主に)対象として、 東大柏キャンパスの Kavli IPMU 研究棟で Open House (phys) を(例年ですと)20xx年6月の どこかの金曜の午後に行っています。通常5月の末くらいまでには日程を確定し、 Kavli IPMUのウェブページなどで案内を出します。
 

○よくある質問・注意書き (物理学専攻に関して)

[キャンパス]   本郷キャンパスと柏キャンパスとの間の移動には、公共交通機関を利用した場合1時間ともう少しかかります。物理学専攻の正規の授業は本郷キャンパスで開講されています。ごく一部の集中講義は柏キャンパスで開催される例が出てきました。卒業に必要な授業履修は、修士1年のうちに済ませてしまうことも可能です。2019年度までの実績だと、本郷で開催される授業のうちごく一部について、柏キャンパスへビデオ中継することが実験的に行われています。2020年度以降、変更が予想されます。

[「国内向け」]   このページに記載しているのは「国内向け」大学院入学者選抜過程の情報です。 「国内向け」選抜過程に応募するうえで日本国籍や永住権は必要ではなく、また日本国内の大学などに在籍 している(いた)必要もありません。ただし、例年 20xx年の8月下旬に 東京で筆記試験が行われ、さらに8月末か9月上旬に同じく東京で口述試験が行われますので、 東京においでいただく必要はあります。 願書や筆記試験答案を英語で書いてかまいませんし、口述試験では英語での対話を 希望することも可能です。ですが、物理学専攻の筆記試験の問題文は日本語版のみが用意されています。 その意味において「国内向け」の選抜過程です。

「海外向け」のページでは、この「国内向け」とは別の大学院入学者選抜の過程 (外国人特別選考) について説明しています。「国内向け」選考と「海外向け」選考につづけて応募することはできない、 という規定が物理学専攻にはあったような気がします。こういった応募資格に関する詳細は、 理学系物理学専攻の公式情報で確認してください。

◾️リーディング大学院/卓越大学院 および 東京大学国際卓越大学院

文部科学省もしくは東京大学による予算措置のついた時限付き事業として、リーディング大学院・卓越大学院(WISE)もしくは東京大学国際卓越大学院(WINGS)というコース(枠組み)があります。これらは、上記のOO研究科・XX専攻による通常の大学院教育プログラムに上乗せされるものであり、上記のXX専攻に入学後、さらにこれらのコースに応募するという仕組みです。これらのコースに応募してコース生として採用された場合、追加の教育プログラムが発生する、金銭的支援を伴う、副指導教員が割り当てられる、などといった利点があります。

Kavli IPMU の少なくない教員がこれらのコースの副指導教員の役割を担っています。

これらのコースに関心のある方は、個別のコースのページをご覧ください。
WISE: FoPM (先端物理・数学)
WINGS: wings-FMSP (数物)     wings-IGPEES (宇宙地球)