プライム・フォーカス・スペクトログラフ (PFS)

PFS (Prime Focus Spectrograph) プロジェクトでは、すばる望遠鏡次世代観測装置の一つとなる超広視野多天体分光器を開発しています。PFS は、すばる望遠鏡主焦点で確保される対角長約1.38度の6角形の視野内に約2400本のファイバーを天体が写る位置に正確に配置して光を取り込み、380nm から 1260nm までの波長域(すなわち可視域全般から近赤外域の一部)に亘るスペクトルを一挙に取得する装置です。すばる望遠鏡にPFSを搭載することで、望遠鏡の8.2m 直径の主鏡による「大集光力」、主焦点の「超広視野」、そしてPFSの「多天体」と「幅広い波長域」の非常に強力な組み合わせが実現し、世界的にも類を見ない効率で分光観測を遂行できるようになります。

PFS プロジェクトは7か国にまたがる10以上の研究機関により構成されています。その先頭に立ってリードしているのがカブリ数物連携宇宙研究機構(IPMU)で、主任研究者村山斉 (前機構長)、主任研究者高田昌広、特任准教授田村直之がそれぞれPFSプロジェクトの中心研究者、プロジェクトサイエンティスト、プロジェクトマネージャーとして中心的な役割を果たし、分光装置開発や、約5年300夜に及ぶ大規模サーベイ計画の立案を他のカブリIPMUメンバーとともにリードしています。装置開発はいよいよ佳境を迎えており、すでにサブシステムの1つはハワイのマウナケア山頂にあるすばる望遠鏡のサイトへ輸送され試験が続けられています。今後は、2019年からの望遠鏡と組み合わせての試験観測の開始を、2021年からの本格的なサーベイ観測の開始を目指していきます。
(Last update: 2018/12/03)

関連リンク


関連ニュース