カムランド禅

Photo credit:KamLAND Tohoku University GroupPhoto credit:KamLAND Tohoku University Group

カムランド禅は、世界最大の液体シンチレーター検出器「カムランド」(KamLAND)の内部にキセノン136ガスを加え、ニュートリノを伴わない二重ベータ 崩壊という非常に稀にしか起こらないと考えられる現象をとらえ、ニュートリノとその反物質である反ニュートリノが異なるものか、同じものなのか、という謎 に迫ります。この実験の最新の段階が2018年5月に始まりました。800kgのキセノン136が使用されるのでカムランド禅800と呼ばれる測定装置は2018年8月に完成し、世界で最大かつ最高の感度を持つニュートリノを伴わない二重ベータ 崩壊実験となります。(Last update: 2018/05/23)

関連リンク

関連ニュース